ホーム » 未分類 » アーレンシンドローム

アーレンシンドローム

※注意※この写真は偏光レンズのサンプルを写したもので、アーレン用のレンズではありません。

光に対して過敏に反応して、眩しい・文字が見えない・疲れるなどの症状がでます。

対応はその人に合ったカラー(遮光)レンズを使うことです。

アーレンシンドロームの相談は現在、筑波大学心理・発達教育相談室で行っています。

アーレンのレンズ加工も賜ります。